2022.01.01

経営者コラム

#01 研究者・証券マンを経て介護の世界へ

皆さまはじめまして!

株式会社ttt経営企画室の大場真之介です。

 

 

私たちが取り組む仕事、そして社会や人々が抱える課題解決のために考えていることを、これから少しずつ発信していこうと思います。このコラムが、皆さんの経営課題や事業課題の解決のきっかけになれば幸いです。

 

 

まずは自己紹介として、私が全くの異業種から介護の世界に飛び込んだ経緯をお話しします。

 

 

現在、経営企画室として自社の事業展開や経営計画など担うという頭脳面を担っているものの、じつは元々は根っからの体育会系。中学校時代からソフトテニスで汗を流し、進学した地元の高校は全国大会にも出場するいわゆる強豪校。厳しく緊張感のある毎日の練習と週末の遠征。青春のほぼ全てをテニスに賭ける高校時代でした。

 

 

ただ、部活だけと言われたくない負けず嫌いなところもあり、部活引退後にはそれまでテニスに向けていた力を受験に全力で注ぎ、九州大学工学部に合格。華やかなキャンパスライフを思い浮かべていたのですが、気がつけば大学でもソフトテニスの道へ。1部リーグに昇格したものの敗戦の連続でした。そこで勝つためにどうしたら良いかと考え、それこそボールの打ち方から対戦相手の思考までを科学的に分析したり、あるいはそのメソッドを部員に伝えるという観点からマネジメントの手法を学んだりしました。いま思えばその当時の取り組みが、課題を科学的に分析し、ゴールから逆算、実現へと行動していくという私の今の仕事のスタイルにつながっているのかもしれません。

 

 

大学卒業後はそのまま大学院に進学し、その分野では全国的にも厳しくも研究成果が凄いとされる研究室にて一流の研究者をめざしていたのですが、ハードさがたたってドロップアウト。ゼロからの就職活動のかたわら、複数のベンチャー企業でのアルバイトという路線変更がスタートします。それこそ半導体チップの性能を測定・分析するようなベンチャーから、AIを開発するシステム会社、地域コンサルを行う中小企業で働き、たどり着いたのがまったくの畑違いである野村證券でした。世の中を動かす人・金・モノ、そして情報が最も集約されている分野だと感じたことがきっかけです。

 

 

やる以上はトップセールスになると誓ったものの、入社早々に大手特有のルールや縦社会の窮屈さを感じてしまいました。そんな折、アルバイト時代に知り合った当社の内田啓太に「事業拡大に協力してほしい」と声をかけてもらいました。正直なところ、介護業界には特段の興味はなかったですが、高齢化や介護という日本でも最重要ともいえる社会課題に挑戦することの面白さや経営に参画することに魅力を感じ、「あ、行きます!」と二つ返事で了承。そこから介護という社会問題に正面から向き合うようになります。

 

 

そして現在の経営企画という仕事に携わっていくわけですが、入社当時は介護の現場も体験し、人手不足というこの業界が抱える大きな課題にも直面します。次回のコラムでは、この人手不足にどう対応してきたかをお話ししたいと思います。

 

 

Profile

大場真之介(おおば・しんのすけ)

経営企画室 常務取締役

1993年生まれ、長崎県島原市出身。九州大学工学部卒業、同大学院工学府中退。在学中の部活動では個人九州2位。研究では国内学会、国際学会にて受賞歴あり。大学院修了を目前にして、研究の世界から飛び出し、金融業界に路線変更。2019年、野村證券株式会社に入社。2020年1月退社。2020年2月より株式会社ttt入社。異業種での経験と研究で培った論理的思考を軸に、人手不足の介護事業にて採用の仕組みを構築し、事業拡大に従事。現在に至る。

CONTACT
お問い合わせフォーム

必要項目をご入力の上、
「CONFIRM」ボタンを押してください。