2022.03.17

若手社員コラム

上場企業からベンチャーに。裁量大のミッションに挑戦中<後編>(入社半年 土井燎)

・担当していた新施設“オリーブ中間館”オープン

オリーブは既存モデル(たいよう)とは違う施設。施設のコンセプト作りから携わり、オリーブという名前も私がつけさせてもらいました。

 

一番、印象的なエピソードは、「玄関に観葉植物を置くか、置かないか論争」。コンセプト立案当初は、建物周辺にオリーブの木を植える方針を打ち出した。社長もこれには賛同してくれた。だが、マーケティング心理学者の常務と一緒にコンセプト作りの一環でたまたま施設を観に行く機会があった。「そもそもオリーブの木いるかな?」「ちなみにオリーブを植える意味は?」「これで何が得られるの?」。別に問い詰める雰囲気でもなく、シンプルな疑問としてこれをサラッと聞かれた。

 

tttでは、このような曖昧なアイデアに対しては、切り捨てることは決してないが、深堀りを一緒にしていく。私が出した結論としても、「なくても問題ない」でした。これも、お客様の利用したいに占める重要度合を考えたときに、それは低いと感じた。利用者様、そのご家族様が施設に求めているのはどの部分なのかを、改めて突き詰めたときに、「観葉植物が無いからという理由で、利用しないことは無い」と考えることができた。

 

ここから、物事を行ううえで明確な根拠を持って判断を選び、実行することの大切さを改めて学びました。

 

・そして今。

新施設の中間館がオープンし、私が見学対応から入居のご案内をした方が続々と入居して下さっている。「土井さんだったからいいなと思いました。」皆様にありがとうと言って頂けることが何よりも嬉しいです。

 

また、tttも少しずつ大きくなっているため、自分のミッションとしても仕組みづくりが求められています。振り返ると、ここまでがわずか5か月の出来事ということにびっくりしました。前職の1年半のような経験は、急成長し、仕事の裁量も大きいtttの入社からわずか1ヵ月で同じボリュームの新たな経験ができたし、それ以降も成長が加速していると本気で思います。

 

・今後の意気込み

まずは、この営業チーム(セールス・マーケティングチーム)の仕組みづくりに挑戦していきたい。自分の課題点としては、社内の人を巻き込む力をもっと身につけたいと思う。というのも、事業拡大につれて、関わる人もどんどん多くなる。この時に、個人としての能力だけだと限界があり、どれだけ多くの人を巻き込みながらやっていけるかが大切だと痛感している。

 

・これからtttに加わる人に一言

「妥協は通じません!」まあ実際は妥協もできるし、許してくれる優しい人が多いけど、ただ僕はそれだともったいないと思います。本気度次第でかなりの成長ができるから

 

土井燎

CONTACT
お問い合わせフォーム

必要項目をご入力の上、
「CONFIRM」ボタンを押してください。