2022.03.17

若手社員コラム

上場企業からベンチャーに。裁量大のミッションに挑戦中<中編>(入社半年 土井燎)

・いざ!不安だった現場研修

 

この後に一番自分が不安視していた現場研修にも行きましたが、意外と介護って自分でもできるんだなというのと、研修で2週間入らせて貰ったたいよう2号館での最終日のあいさつでは利用者様と離れることが急に寂しくなって泣きました。

 

現場研修に入る前は、「きつい・汚い」の印象でしたが、研修を終えた後は、「この利用者様をもっとサポートしたいな。僕にしかできないことがこんなにもある。もっと若い人を介護業界に呼び込みたいな」と素直に感じました。

 

・そして本部に帰還

戻ってきて早速マーケティングについて研修を受けた。基本となる30について勉強し、型として暗記。このときは1次面接を担当して下さった永野さんと、マーケティングの基本30個とその活用事例をどちらがより覚えているか勝負しあった。

 

その後、学んだマーケティングを使って新施設の利用者様募集の集客広告を任され作成した。「一つひとつの言葉に意味を持たせること」「チラシを見る人を想像して、どんなデザインにすると離脱がなくなるか(見るのを途中で辞めてしまわないか。最後の問合せまでに辿り着いて貰えるか)」をとにかく考えて広告作成した。ここまで考えたからこそ、早くこの広告を打って、どれだけの反響があるかは凄い楽しみだった。

 

・実際に営業

 

その後、社長の実際の営業(利用者様・そのご家族にも)を見る機会があった。率直な感想、「そうでもないな。自分でもやれるな」。(社長にもこれをぶつけたところ、「ぜひ高みを目指して欲しい」とのことでした。)

 

自分の営業スタイルは、「利用者様との関係性構築を大事にする営業」。まずは、自分をいかに信頼して頂けるか。次に、いかに相手の悩みを引き出すことができるか。そして、その悩み解消を導きながら、しっかりとご利用したいと思って頂けるか。

 

・そして12月、マネジメントにも挑戦

「今度入社する年上の人がいるんだけど、土井君マネジメントできる?」社長からの一言。さすが、スピード感が狂っているのか。12月入社の方のマネジメントをしてみないかと話があった。「こんなチャンスは無い。」即答でできますと答えました。

 

営業経験があった自分と営業経験の無い人との当たり前の違いに最初は苦戦しました。少しずつですが、この当たり前の違いに気づき、ただ理想を相手に求めるのではなく、その人の現状のスキルとしっかり向き合って仕事の任せ方を考えるようになりました。今では、組織再編成でまたチームが変わってしまいましたが、その方から「自分が上司で良かった」とLINEが来た時には、もっとその人の能力を引き出したかったなと思いました。

土井燎

CONTACT
お問い合わせフォーム

必要項目をご入力の上、
「CONFIRM」ボタンを押してください。