2022.03.01

若手社員コラム

tttでの1年を振り返って<前編>(入社1年 中竜馬)

入社して1年が経とうとする中竜馬さん(27)の1年を振り返りコラム

 

 

そもそものtttに入社のきっかけ

 

tttの求人をたまたま見かけ、求人詳細を見てみると「心理学を使ったとか書かれてある。他社と書かれている内容が明らかに違うな。面白そうだな。」ぐらいの感覚でした。

 

採用面接は常務の大場さんが当時担当。「心理学をこういう風に用いて、こういう風にしたら人はこう動くでしょ」という話を聞いて、求人に書かれていたことが想像以上にガチだなと思いました。その1次面接が終わった段階で、入社できたらいいなと率直に思ったことを覚えています。

 

そして2次面接の社長面接まで終わり、内定を貰い、晴れて2021年4月に入社。

 

 

入社後の印象

 

当時を思い返すと、長浜にオフィスを設けた直後で本部もできたばかり。今では考えられないぐらい、本部は整備おらず、何もなかったです(笑)

 

入社して2週間の現場研修、本部研修を終えたのち、5月末までは本部や施設の業務サポートの中でとにかく仕事の基礎とサービス知識の習得をがんばっていました。

 

 

これがベンチャー!!

 

今思えば、僕にとってほんと無茶な話ですが、入社3ヵ月目にの6月からは8月オープンの新施設の立上げ責任者に任命されました。当時は本部も8名程度。全員が戦力。こんな重要なポジションをすぐに担うってさすがベンチャーだと思いました。

(※今はそれなりに経験を積んだメンバーが複数人でチームを組み、新施設の立上げをしています。)

 

 

当時どんな気持ちだったかと聞かれれば、「やらなきゃ」という一言です。新施設は大規模施設だったこともあり、プレッシャーも大きかった。一方で、新築の綺麗な施設がどんどん完成に近づくのを見ながら仕事するのは楽しかったです。

 

 

「挫折」とそこから学んだこと

 

新施設の利用者様の営業も行いました。いくら、広告を使った集客の仕組みがある程度整っていたとは言え、80名を集客するという自分にとっては膨大な人数でただただ圧倒されました。当時は、たくさんの見学に来ていただいたにも関わらず、見学の中でご家族の「ぜひ利用したい」を引き出すことがうまくできず、「検討します」の連続。結局、見学に来て下さった方の8件に1件もご利用に至らないケースが多く、苦い思い出です。

(さすがに集客がやばいとなり、悔しかったですが、社長と常務と途中交代しました。)

 

 

当時営業のロープレも何度も組んで練習しました。その時はその成果を発揮することはできませんでしたが、今は見学に来ていただけた方の8割はしっかりと入居ご成約に繋げることができると思います。

 

 

今と当時の違いは何か?と聞かれると、「自信」の有無です。当時はまだまだ知らないことが多すぎました。サービス面の知識不足もあって、見学対応時に曖昧は説明ばかりなっており、それがお客様を不安にさせていたと思います。この部分については、立上げ後の施設にて現場のマネジメントに取り組んだことでだいぶ知識がついたと思います。

 

 

また、新施設オープン前に介護の資格である実務者研修に会社の応援もあって通いはじめました。当時は研修内容については正直他人事でした。ただ、施設がオープンして自分も現場に携わることが増えたとき、他人事が自分事に切り替わったのを覚えています。それからは勉強がとにかく楽しくなりました。学んだことがそのまますぐに活かせることがこんなに楽しいなんて。

 

 

この新施設に携わったのが8月から翌年1月までの半年間。とにかく大変なことが多かったです。一番は現場の職員さんと接すること。正直、皆、我が強かった(笑)。「あの人はこうだ」「あっちはこうだ」と互いに言い分があり、それに対してどちらが正しいのか、どう判断すればよいのか、どう対処すればよいのかわからないことだらけでした。

 

 

これについても今振り返ると、関わる人の「人となりを知らなかった」こと、「何でも聞いてしまうのは良くなかった」と思います。

 

 

人となりを知る事。厳しい言い方をすると愚痴っぽい人の不満に取り合って一つを解決しても、次にその人から出てくるのはまた愚痴と不満。このエンドレスなんだと身にしみました。

 

 

こういう人だとわからないままだと、対応に困るが、知っているとまだ判断や対処がしやすい。そのうえで何でもイエスと言わないことも大切だと痛感しました。

 

 

ある意味、人について知る事ができた半年間だったと思います。<後編>へ続く。

 

 

中竜馬

CONTACT
お問い合わせフォーム

必要項目をご入力の上、
「CONFIRM」ボタンを押してください。